最初はつまずきました。。。

FP2級を取得する方法 悪戦苦闘

簡単な内容につまずく勉強に著者

私は3級は金財で取得しました(まぁ日本FP協会と内容はあまり変わらないようですが)ので、そちら向けの勉強方法の紹介したいと思います。

FP3級はある程度テキスト本をきちんと読んで&理解して、過去問(過去3回分もあれば十分だと思います。さらに過去2回分を解かなくてもいいので、計算問題くらいには目を通しておいて損はないかと思います。過去3回分には載ってない問題パターンもあった場合はそのチェックという感じです。)をやっておけば、ほぼ確実(といっていいほど)合格できると思います。

ただ問題なのは、私のように全くの初心者がテキスト本を読んですぐ理解&覚えられるか、、、私はできませんでした。
ということで、私の勉強方法の失敗を踏まえ、少しはマシな勉強方法をご紹介したいと思います。

まず勉強開始は試験の1.5~2ヶ月前から少しずつ始めた方がいいと思います。働きながらとかだと、急に忙しくなって、1ヶ月間全く勉強できなかったということがありえますので、余裕を見てという感じです。逆にそういったことがなくある程度毎日時間をとれそうなら、勉強期間1ヶ月もあればおそらく大丈夫かと。私自身は、できないときもありましたが平日1~2時間程度、土日の2日で5、6時間程度、一週間で10~15時間弱位でした。


試験勉強の進め方

FP2級を取得する方法 全体を把握

まずは全体を把握しよう

それで私の経験をふまえた、具体的な勉強の進め方は以下の通りです。

1.まずテキスト本のうちの1冊を流し読みしました。もちろんそれで覚える気はありません。どんな内容が書いてあって、自分自身どのへんが得意&不得意そうというのを最初に多少知っておいたら、その後の勉強もスムーズになるかなと思って。読むというより、パラパラっと目を通すに近い感じです。

2.2回目に本を読むときは、ある程度ちゃんと覚えることを念頭に進めるといいかと思います。特に、税金の割合(○○の場合は××税が△△%や、☆☆の時は非課税限度額は□□など)などはノートに書いておくことをおすすめします。
これは『リスク管理』の章で書いてあったと思ったら、『相続』の章でも書いてあって、頭がごっちゃになりそうでしたので(結局同じことを違う分野から書いてあるにすぎないのですが、『あれ?これどこか前のページでも書いてあったけど、それとは違うのかな?』といって前ページに戻って、同じなのか違うことをいっているのか確認したりと、少し混乱&いまひとつ勉強がはかどりませんでした)。

紛らわしい、理解しづらい、忘れやすそうな数式、この3つ位はノートに自分なりにまとめていった方が、手間にはなりますが、『自信のないところ&前出されていたところはノートを見れば確認できる』ようになり、結局は早く理解&覚えられそうです。

3.2回目と同じ感じでもう一度覚えることを念頭に読み進めると良いかと思います。ただ3回目となると、大体のことはなんとなくでも頭に入っているので、頭に入っていることを整理しながら読み進めるという感じになりました。

4.書いてあることの確認&記憶の整理という感じで、再度読みます(ややくどい感じもしますが一応)。

5.4回も読めばテキスト1冊分の大概のことは理解&覚えられてるかと思いますので、次はもう1冊の別のテキスト本を読んだらいいかと思います。ほぼ同じ内容のはずなので、さーっと読む感じになると思いますが、『こんなこと(もう1冊には)書いてなかった!』ということがあるので、そのためにも(私はあまり出来ませんでしたが)。


最後に必要(?)なもの

ここまでを試験の10日~1週間くらい前までに終わらせ、残りの期間は下の

FP2級を取得する方法 最後は自信をもつ

自己暗示をかける著者

通り過去問をやったりすればいいかと思います。

6.過去問は解く時間を実際の試験時間にあわせてやりました。
恥ずかしながら最初は合格ラインの60点取れてませんでした。ただ問題の傾向というか、試験問題の流れや、だいたいどんな感じの問題がどういう風に出題されるのかが分かっただけで、次に別の過去問をやるときは結構楽になってると思います。

ちなみにこれは少し集中しづらい環境でやった方がいいと思います。実際の試験会場では必ずしも集中できる環境とも限らないので。

7.過去問を一通りやったら(もちろん間違えた部分は確認をして)、別の過去問をやり&チェック、また別の過去問&チェックで、その後テキスト本をさーっと読み流せば良いかと思います。実際どういったところが出題され易いかは分かったので、その辺を注意しながら流し読みする感じです。

8.最後に市販問題集をやったらいいかと思います(自分は時間がなくで出来ませんでしたが)。
テキスト本の勉強だけでなく、過去問をやってさらに問題集までやっておけば満点とまではいかなくても、高得点を取って合格できるかなと。プロの人からは『3級程度でなにを、、』という感じかもしれませんが、実際自分も良い点を取れました。
逆に純粋?に『合格』を目指すなら60点取ればOKなので、もう少し軽めの勉強で良かったのかなとも思いましたが、、、

余談ですが、試験前は『全部、確実に覚えた。100%絶対合格できる!(なんなら学科、実技とも絶対100点とれる!)』位の自信はなかなかつかないものですが、実際試験を受けてみると大丈夫だったりします。自身のない方は『分かるところしか出題されていなく、スラスラ解いている姿』をイメージするなどして、自信を持って受けるのも大切かと。

FP3級勉強方法はこんな感じです。
次ページではまずFP2級勉強方法を簡単に書きます。


FP2級勉強方法ページへ進む