大谷亮平さん。